沼津市のダンス教室 studio R+B[スタジオアールアドビー]

電話番号080-9495-7370
メニュー

ブログ

2023/02/28

11月3日 avex dance master ららぽーと沼津K-popダンスコンテストFINALSTAGE グランプリ獲得

2022年11月3日
avex主催のK-POPダンスコンテスト決勝大会が行われ3↑↓arrows→としてさわ・にこ・るなの3人が出場しました。
予選はインスタに投稿した動画を審査してもらいその中から選ばれたチームのみが決勝へと進むという流れだったのですが
そもそも予選出してみようか?と思ったところから、3人で動画を撮影するのになかなかスケジュールが合わず予選動画の提出できたのは、締切3分前。
撮影したはずの動画がちゃんとRECボタン押されてないなんて凡ミスを私が犯したせいで撮影し直したり、インスタにアップするのに苦戦しり・・・
バッタバタの投稿でした。
その後に無事に決勝行きの連絡があったものの、決勝での規定がわからず正式にあったのが10月23日だったので1週間半前?くらい。
「まず曲どうする?」からの再スタート。
というのも・・・。
予選は「1分以内のK-POP」という規定。でも決勝は「5分以内のK-POP」どうするどうする????
私を含めた3↑↓arrows→のグループラインではこの曲はどうだ?これはこうだからできない。こっちの曲は、あっちの曲は・・・と大混乱。
ただ私の中で、大切にしたのは公共の施設で色んな人が見るかもしれないのでK-POPに馴染みのない人でも聞いた事がありそうな曲を選ぶこと。
人前で踊る以上は「見る人に楽しんでもらいたい」という精神です!
私はK-POPに詳しくないので、子供たちの知識とYouTubeの力を借りて議論に議論を重ね4人であの2曲を選びました。

そこからは無知な私はMVやTV番組を無限ループで見まくってどうやって曲を編集すべきか考えました。
頭の中でお客さんの反応や流れ・どこが1番盛り上がるのか、そういう事まで想像して。
見にきた方、気がつきましたか?
あれ2曲<How You Like That><HIP>ですが
使用音源は2曲ではなく、4曲なんです。
編集が完成して最初に子供達に聞かせた時、子供達は
「凄い!超かっこいいです」って反応してくれました☺️
その後は、子供達の動きと意見を聞きながら微調整して
あの音源までに至りました。

その後は、子供達自身が各自でフリを覚えてきてスタジオでフォーメーションを3人で作って。。。
というのも
BLACKPINKもMAMAMOOも4人組なので3人バージョンに作り替えなければいけないんです。途中どうしても解決できない部分は私が手助けしましたが
基本的にこの作業は3人だけで行いました。
今度機会があればこの光景、撮影してみなさんに見せてあげたいくらいなのですが
まぁ早いですよ。パパぱっとこうしよう。これだとこの後こうなるからやっぱりさっきのやめてこっちだね。なんて会話を3人で繰り広げて
すぐ覚えてやってしまうのですから・・・本当にこういうところ今までの経験と3人のチーム力あってのことだなぁって、側にいながら成長を感じます。
ちなみにですが、この日のレッスンでは、各自で覚えてきた振りを最初に確認しあっていたのですが・・・・
まぁなんて事でしょう・・・さわちゃん全部左右反対笑
踊るといかついさわですが、こんなにお茶目な一面も😆

元々ある振りとは言っても「あれはどうやって作ったんですか?」という質問が当日多かったです。
制作秘話?なんて大それたものではありませんが簡単に。

今回最大のポイント
『ノールック階段降りシーン』
あの瞬間大歓声でしたね笑
あれは、いただいた資料にステージの概要が載っていたのですが階段があるとわかった瞬間に「絶対にこのフリでこのまま降りる」と閃きました。
これが見せ場になると。。。
とは言っても見ないで降りるって怖いですね・・・。しかも踊りながらなんて😅私の無茶振りはいつものことなのでその話を聞いた3人は大爆笑していました。
現地に行っての練習はできないので、沼津の観光名所、シンボル的存在である我らの<狩野川>で😏練習してきました。
周りには黄昏ているサラリーマンや、自撮りしている高校生。ラブラブカップルまで…色んな人たちを横目に、何度も階段を降りたり、登ったり。
きっと変な団体に見えていたでしょうね。結果的に本番かっこよく降りる3人に拍手と歓声。
1番嬉しかったですね。本当に気持ちいい瞬間でした!!

後は、
『ジャッジ前で見渡しシーン』
ガッツリ踊っている中でいきなりこんなことされたら何何??って観客を驚かして

『さわちゃん発砲シーン』
なんと言ってもさわの最強・強力なパワフルダンス

『にこ・るなの階段ダンスシーン』
にこの身体能力を活かした足上げダンス
るなの最年少なのに1番謎にセクシーな足くみダンス

それぞれの個性活かしたシーンにまさか階段使う?という意外性を盛り込んで唯一無二のものにしてやろうと・・・私の策略です❗️
とは言っても、見渡しシーンなんてさらっとやっているように見えますが、あれかなり難しいんですよ。
今あげたどのシーンも私のアイデアに3人の能力あって出来上がっているのでアイデアだけでもダメだし、逆に踊る技術があるだけでもダメ。
まさに2人3脚ならぬ4人5脚ってやつですね。

またそこに、大会やイベントに出場すると、ジャッジやお客さんからセンスの良さを絶賛されている、るなママの最強衣装と加工が加わって。
あの衣装インナーで着ていた赤は、みんなが少しでも暑くないようにと袖を切って加工。
るなはジャケットの首があるからスッキリ見えるようにと首もとを加工。
ズボンやスカートは革だから踊りやすいように1サイズあげて購入して、その代わりウエストがブカブカしてしまうから見えないように自然に詰めてる
さわがつけていたゴールドのチェーンは踊っている時に手が通ってしまったり、引っかからないように見えないところでゴムでしばってあったり。
赤と黒のニーハイタイプの編みタイツは踊るとずれてきてみっともないからって本番直前まで、車でゴムをつけるのに手縫いして・・・
練習では2人ともズレていたのに踊った後も動画を見ると確かに落ちていないんですよ❗️
ある意味気づかれてはダメだからこそ言わなければ誰もわからないところに細かな気配りと細かな手作業が加わっているんです。
また当日の髪型もこの子の振りには右向きが多いからこっちに赤のエクステを入れようとか。その子の動きや癖に合わせて調整してくれています。               化粧も、ナンバーの雰囲気と屋内のステージか屋外かでかえたり。
化粧や髪の毛はただの見た目を良くするものではなくダンスの一部。そういう何気ないところまで作り込まれてあのナンバーは完成したのです😌
だからこれはもう5人6脚ですね。

そしてもう一度皆さんに思い出していただきたいのは
『時間』です。決勝の規約が来たのは本番1週間半前。
ここまで曲決めて→曲に合わせて衣装を決めてそれと同時に曲作って→フォーメーション作って→踊り込んで→衣装あわせして。本当にハードなハードなスケジュールでした
いや〜サポートしてくれた3人のママ達も、私も3↑↓arrows→の3人も。みんな本当に頑張った😭

そして、当日たくさんのスタジオの生徒や保護者・メンバーのお友達・家族たくさんの方が応援に駆けつけてくれました。
不安いっぱいで怖くて押しつぶされそうな3人にとって、みんなの笑顔や温かい言葉がどれだけ支えになったことか☺️
みなさんの応援があったから、3人は堂々とかっこいいダンスを大勢の観客の前で披露する事ができました。ってことは、、これはもう100人101脚ぐらいの力ですよね😊

今回グランプリを頂きましたがそこまでに至るには、
メンバー3人の努力と頑張りはもちろんですが、色んな人の支えや応援があった事。
先生やお母さん達のサポートから運営スタッフの皆さんの細やかな配慮。
みなさんに感謝をしつつ、これからも奢ることなく、成長し続けてほしいと思います。
さわ・にこ・るな本当におめでとう🎉
shiho

☆私の長文にお付き合いいただきありがとうございました。この投稿を読んで、またあらためて
Instagram:@3arrows2022 の決勝時の動画を見ていただけたら嬉しいです😊

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930